死後事務委任

制度の大切なポイントを丁寧に解説

生前対策として死後事務委任契約を利用する場合、近しい間柄の親族・知人に依頼するのが一般的ですが、司法書士などの法務のプロに依頼すると、身辺の諸対応と法務関連の手続きを一括で任せられるという長所があります。地元近隣エリアの皆様にそうした制度の細かい留意事項・大切なポイントを丁寧に解説してまいります。

    NEW

    VIEW MORE

    CATEGORY

    ARCHIVE

    TAG

    よくあるケースとして死後事務委任契約を、任意後見契約と併せて結ぶというやり方があります。任意後見契約だけでは任意後見人は亡くなった後の諸対応は行えませんが、両方の契約を結んでおくことで、ご本人が亡くなった後も、任意後見人がご本人に代わって引き続き、財産の管理や諸手続きの世話を行えます。さらに司法書士などの法務の専門家と契約を結んだ場合は、亡くなった後の身辺整理から遺産整理の手続きに至るまで、トータルで業務を委任できます。東京近隣エリアの皆様が安心して生前対策を進められるよう支援します。